Whatsminer M10(100台) 概要
  • マイニングマシンの型番:Whatsminer M10
  • ?
    1キロワット時=1kw/h
    消費電力 :2.4 kw/h x 100 台
  • ?
    維持費は管理費とも呼ばれ、管理費はプラットフォーム側により課金され、マイニングファームのメンテナンス、マイニングマシン修理、マイニングマシンのフィッティングと部品の交換マイニングファーム冷却システムの修理などに使用する費用です。管理費はデジタル資産の収益から差し引きます。
    維持費:6%
  • 電気代:0.039 ドル/キロワット時
  • ?
    1TH/sは1秒間に1兆回のハッシュ演算を意味し、マイニングマシンが毎秒のビットコインを採掘する計算速度を表す
    ハッシュレート:33 TH/s x 100 台
  • ?
    毎シェアはに等しい 100 台マイニングマシン
    1日ごとの推定収益:0.15180720BTC/ シェア
  • 決算時間:翌日14:00
  • ?
    マイニングマシンの保証期間内の修理やメンテナンスはプラットフォームが責任を負う
    マイニングマシンの保証:二年
  • セッティング時間:83 日間
  • 詳細な紹介

1、Whatsminer M10

Whatsminer M10、総合的に全面バージョンアップし、安定な収益がその実力が現れる

 

 2、ハッシュレート単位

 各Whatsminer M10マイニングマシンのハッシュレートは33TH/sである。

 

3、電気代

 契約した電気代の0.059USD/キロワットに対し、キャンペーン値段で0.052USD/キロワットで買える。(毎月前払い)

 

4、サービス費

 マイニング成果の6%を管理費として取らせていただく。(マイニングファームのメンテナンス、マイニングマシンをオンラインにする、マイニングマシン手配、マイニングマシン修理、人員賃金、突発事故、短期停止などの対応用 )

 

5、ハッシュレートの収益

 ハッシュレートマイニング機の収益性はアントプール

(URL https://www.antpool.com/support.htm?m=calculator)に参考してください。

 

6、収益決算

 推定収益はデジタル資産ネットワークの実際の操作により計算され、動的に変化し、ご参考までにしてください;契約収益は1分単位で記録され、毎日、北京時間の14時で先日の収益を決算し、日(24時間)によって支払う。

 

7、マイニングマシンの買い戻す

 マイニング効率を保証するため、すべてのマイニングマシンは高標準の機器用部屋で、アントプールでマイニングを行う。マイニングのプール選択サービスは提供しない

。本プラットフォームはマイニングマシンの買い戻すサービスを提供している。

 

8、契約終了

 期限以内に電気代未払いの行為に対し、契約を凍結する。凍結期間が一ヶ月を超える場合、契約を終了させる。本プラットフォームでは、お客様の要求で当時マイニングマシン の残存価値の価格で機器を処置しても良く、お客様が費用負担で郵送しても可能である。

 

9、リスク提示

 デジタル資産の価格は大幅に変動することがよく発生する。それに、各仮想通貨のディフィカルティーは定期的に調整されることがある。通貨の価格の下落またはディフィカルティーの上昇により、各ハッシュレートマシンのマイニング契約の収益が減る可能性がある。デジタル資産或いは法定通貨に関わらず、本マイニング契約はユーザーが元金を戻すことが保証できない。ユーザーは自分のリスク許容度を慎重に評価する必要があり、受け入れられるリスク管理の範囲でデジタル資産を投資しマイニング活動を行うこと。